大阪

ポイントの特徴

大阪湾ではボートでのティップランエギングなどは盛んに行われており少し沖にはたくさんのアオリイカのストックはある.全く釣れないイメージがあるかもしれないが、タイミングを合わせるのが難しいのだけでいるのはいる.


大阪湾のエギングポイント

貝塚人工島 ◆ポイント
エギングができる大阪最北のポイントはこのあたりだろうか
生涯1度だけなのだが沖合でティップランをしたことがあるのだが、いることはいるのでタイミング次第.秋は足元で釣れることが多いので最後まで油断しないように.
参考エギングページ【ポイント情報】
佐野コンビナート ◆ポイント
人気スポットのため休日の昼間はちょっと厳しい.また、タチウオが入ってるときもスルーしたほうがいいか.
【ポイント情報】【ポイ実績ント情報】
沖のテトラ帯、沖の防波堤がポイントとなっている.言うまでもないが先端と根元が好ポイントとなっている.比較的水深もあるエリア.
泉佐野マリーナ波止 ◆ポイント
沖のテトラ帯、沖の防波堤がポイントとなっている.言うまでもないが先端と根元が好ポイントとなっている.比較的水深もあるエリア.

関空連絡橋 ◆ポイント
橋脚、ヨレなどがあるので誰もが分かりやすいポイントなので常にプレッシャーがかかっているエリア.コウイカやタコなどの実績も高い.潮が速いのでウェートのあるエギで攻めよう.春イカも狙える府内の貴重なエギングポイント.
マーブルビーチ ◆ポイント
数箇所ある沖に伸びる歯止め周辺がポイント.比較的水深もあり実績も高い.
樽井漁港 ◆ポイント
カレイで有名なポイントだが春も可能性のある好ポイント.
防波堤先端、沖のテトラ帯、男里川河口周辺と大きく3つのエリアがある.どれも基本的に回遊待ちのポイント.
下壮漁港 ◆ポイント
漁港の防波堤のテトラ帯は回遊待ちポイント.河口西側の波止めの先端が一級ポイント.シーズン序盤は海藻を探す様子見エギングがいいだろう.1度発見すれば時間からは効率良く攻めることあできる.潮があたりヨレなどもできやすいので狙いを絞りやすい. ぴちぴちビーチ東側の防波堤先端もねらい目.
淡輸漁港 ◆ポイント
港の防波堤テトラ帯、なかなか先端を陣取るのは難しいが港の出入り口のミオ筋も実績が高いのでポイントに入れたら多少粘ってもいいか.大型がでるとかでないとか・・・
みさき公園裏 ◆ポイント
イルカショーも楽しいのだが、海のほうが気になって、気なって(笑)沖に伸びた波止め1本1本がポイント.
深日漁港 ◆ポイント
典型的なミオ筋狙いの漁港.先端をGetできたら1日粘ってもいいかもしれない.海草のあるエリアも多いのでシーズンインしたらその年の海草のポイントをまずは探そう.
新日本工機裏 ◆ポイント
発電所に向かって海草があるポイントが狙い目.発電所周辺というのはアオリを狙うエギングではかかせないポイント.理由はもうお分かりだろう、デカアジが回ってきたりとココだけ水温が・・・
観音崎 ◆ポイント
排水口に近いので気候、天候の変換に強いポイント.シャローエリアが広がっているので回遊というより朝夕まづめの捕食タイムにまとを絞ったほうがいいか.
とっとパーク小島 ◆ポイント
日本一ガラの悪い釣り公園として有名.釣果の期待できる釣り公園なのですが、値段が安すぎるせいか?競争率も激しく、マナー的な問題が多い釣り公園です.地域性もあるのでそれなりに覚悟してから行ったほうがよさそうです.ミニ清原がいっぱい集まる釣り公園と言えは分かりやすでしょうか.かなり水深もあり潮も早いのでエギはディープタイプやテップラン用のものを準備しておこう.
小鳥漁港 ◆ポイント
養殖場の西側はヨレなどができやすくベイトも溜まりやすいので狙い目.漁港の防波堤の先端はお約束の好ポイント.住吉神社側は根掛かりが多いので潮が沖向きにでたときが釣りやすい.
大川漁港 ◆ポイント
アオリイカを釣るより駐車スペースを確保するのが難しいエギングポイント.満潮、干潮時以外は左右に潮が動いており、非常に潮通しのいい.秋エギング、シーズン序盤は数釣りも楽しめる.大川港から西の住吉崎まで1km程度はすべてエギングポイントといっていい.一箇所に留まらずランガンするのがセオリー.足を使って数を伸ばしていこう.漁港の防波堤沖は水深がありブ遠投すればレイクラインまで届く.
大川峠下 ◆ポイント
年々、ポイントへのアクセスが悪くなっており、年を追うごとに超穴場スポットになるという不思議なポイント.ここのところのエギングブーム・・・南紀串本まで行ったところでそう簡単にエギングパラダイスは見つからない.晩秋にキロアップに出会える可能性の高い大阪府内のパラダイス的なエギングポイント.