エギングタックル

エギングに必要なアイテムの紹介

エギング ロッド
エギングはPEラインを使うので最低でもPE対応ガイドのロッドを選ぶこと.
PEラインは細くて強度はあるですが絡まりやすいラインになります.
感度や飛距離も必要ですが、まずは基本動作がスムーズにできるロッドというのが最低条件になります.

【長さ】
長さは8フィート3インチ~8フィート6インチあたりが標準的な長さになります.
メートルでいうと2.5m~2.6mあたりになります.ピンとこないかもしれないですがルアーロッドのほとんどはフィートとインチで表記されてるので慣れましょう.
女性や子供さんには7フィート台が振りぬきやすし扱いやすいです.ただし、短かすぎるとシャクリなどのロッド操作の難易度が上がります.8フィート前後というのはそれなりの意味があります.飛距離優先の9フィート台のロッドもありますが入門ロッドは8フィート台をお勧めします.

【硬さ】
各メーカ違いはあるのですがおおよそ下記のように分類されています.
ミディアム ライト『ML』・・・エギ3.0号
ミディアム『M』・・・エギ2.5号~3.5号
ミディアム ヘビー『MH』・・・エギ3.0号~4.0号
ヘビー『H』・・・3.0号~

秋メインで考えられているのであれば『ML』、オールマイティーで考える場合は『M』2.5号~3.5号、春専用だと『MH』あたりで探すのが標準的な考え方になりますでしょうか.

■お買い得品 あまりにエントリーモデルすぎると将来のスペアにもならないのでほどほどにコスパの高い入門ロッドを選びましょう

■ド定番モデル
超ロングセラーモデル 初心者用としては少しお値段が張るが誰もが満足する1本 中級者はもちろん、上級者になっても十分満足できる1本 長く続ける気があればはじめからこのあたりのレンジの製品を購入しておくと後あと無駄がない

■人気ロッド
あまり聞くことが少ないかもしれないが人気のあるメーカー ガイドがチタン製になると高額になるのだが、そんななかでも良心的な価格設定がありがたい
エギング リール
シマノ2500~3000番、ダイワ2500番 あたりの番手の軽いもが使いやすい.
軽さだけを追求するとシングルハンドルのほうがいいが、できればダブルハンドルのタイプが使いやすいだろう.
見た目がかっこいいってのもあるのですが、エギングは繊細な釣りということもあり、シングルだと勝手にハンドルが回ってしまう可能性があるという理由でダブルハンドルが好まれている.
イカの身切れを防ぐためにドラグは緩めに調整するのだがある程度のドラグ性能が高い製品も選択したい.また、シャクる動作はギアに大きな負荷をかける.釣行回数にもよるが、エントリーモデルだと1年でダメになることもある.

■低価格モデルから選ぶ
非常に高負荷のかかる釣りなので、最低でもこのあたりのリールがほしい ドラグ性能も重要

■ド定番モデル メインで使っているエギンガーは非常に多い ダブルハンドルで200gという驚異的な軽さが売り 予算が許すならこのあたりがお勧め

■ド定番モデルー2 セフィア=シマノのエギングモデルシリーズの最新 軽さより強さを優先して作られたミッドレンジエギングモデル セフィアCI4とセフィアBBは明確の違いがあったので問題なかったが、セフィアSSとCI4との比較は価格帯的にも微妙なラインになる 軽さを優先するか?強さと剛性を優先するか・・・よくもエギング界に悩ましいやっかいな問題を投じてくれたものだ しばらくエギング中級者のなかで論争が続くだろう

■あこがれのモデル
ダイワが考える本気のエギングモデル 見た目だけでいうとシマノより上か 管理人はシマノが多いのだがこの1品は非常に心が揺れるスプールの骨太感が慣れればこれにしようか悩んでいる

■ミッドレンジモデル
シマノから久しぶりにエギング本気モデルが発売.管理人も思わずバイトしてしまいました.ダイワならエメラルダスAIR,シマノなら16ヴァンキッシュか

■ハイエンドモデル いつかはクラウンじゃないけど、いつかは使ってみたいリール あえてここで良さを説明する必要はないだろう ええ、負けよしみですよ、ステラは夢の道具として残しておいたほうがいいのです!買えるけど買わないだけ!

■ハイエンドモデル
独特のドラグ音 夜中でもすぐにリールの機種が分かる 『近くに上級者がいる』という威嚇ができるダイワのフラッグシップモデル まあ、庶民はフィッシングショーで触るくらいで、後はお店でガラスケースの中のリールを眺めてるだけ
エギング リーダー(ショックリーダー)
PEラインの道糸とエギを結ぶ間にフロロカーボン製のラインを間に結びます.リーダーはいるのか?という議論もあるがエギングにおいてのリーダーは必須と思ったほうがいい.ショックリーダー(略してリーダー)は根ずれ、キャスト時の高切れ、ライントラブルを避けるためにあります.エギングビギナーで一番難しいのがこのリーダを結ぶ作業だろう.大変なのですが、FGノット、ノーネームノット、最悪でも電車結びはマスターしておくこと.風のない環境の整った家でやってもたいへんなんですが、初心者のころの釣り場のリーダーのやり直しはほんとうに大変です.これだけは練習してマスターするしかないのですが、少なくとも当日分は家で組んでおきましょう. 1種類で統一するなら2号、できれば1.75号、2号、2.5号の3種類を準備したい.

■価格重視
とにかく安い コスト重視の製品

■お勧め
平行巻きでコストパフォーマンスの高い製品
エギング PEライン
初心者のころは必ずといっていいほどライントラブルが発生するエギング.夜釣りになることも多いので、風のある海+暗い中で釣りをしているといつの間にかラインがぐしゃぐしゃになってしまう.エギへのテンションではなく、常にリールのスプール側にテンションをかけながら巻いていると避けれるトラブルなのだが初心者のころはなかなか難しい.高価なPEラインなのでなるべくトラブルは避けたいし長持ちさせたい. 定説では0.8号あたりを進められることが多いが個人的には0.6あたりがいいのではと思っている.PEラインは細くなるほど高額なる傾向があるのだが最近は0.6号くらいまでだとリーズナブルな商品もある. はじめのころは1000円ちょとで購入できるラパラ、東レ、PowerProあたりがいいか.あまりに安いラインはゴワゴワしていたりトラブルが起きやすいので注意.1000円台のラインは数回の釣行で毛羽立ってきたりライン事態に問題が発生する場合が多い.一方、実売3000円を超えるようなラインとの違いは耐久性、滑りがぜんぜん違う.3000円クラスになると1シーズン使えるのでライントラブルが少なくなったら少し高価なものを導入してもいいだろう.

■コスト重視 おそらく初心者のころは数回の釣行でラインがなくなってしまう 75mを巻いて2回に分けて使うといいだろう

■エギングラインの定番品
一度でも八編みを使うと四編みに戻ることはできない(PEラインは原糸を編み込むことで1本のラインとなっている)八編みでこの価格 エギングのPEラインの標準と言い切っていいだろう 1年10釣行くらいなら2年くらい大丈夫です
クーラーボックス
エギングはランガンすることが多い釣りなので携帯性の優れたクーラーボックスがいだろう.
10L前後で肩ベルトがあるものがいいだろう.
晩秋のエギングならビーニール袋を腰につけてウロウロってのもアリだがなるべく新鮮な状態で持ち帰りたいので帰るまで氷が残るレベルのものはほしい.

ダイワのエギング用クラーボックスとして定番品 500mmペットボトルが縦に入るのはGood!

キズに弱いエギングロッドのスタンドとして活躍 アジングやメバリングなどライトルアーフィッシングにも最適

このクラスになると高い保冷力がある 管理人の使用感レポート

ライト
夜釣りも多いエギング.移動の安全を確保するためにもなるべく明るいものがいいだろう. 釣具屋さんのワゴンセールのヘッドライトは数回で壊れます.耐久性を加味するとこちらのほうがお得です.電池1本タイプはスペースもとりませんのではじめの1つはこのタイプがいいでしょう.

少し慣れてくると強力で長時間持続するヘッドライトがほしくなります.このようなセパレートタイプがいいでしょう.重いと思われる方もいるかもしれませんが、ほとんど違和感なく使えます.セパレートをメインで、単三1本タイプを予備として準備しておくといいでしょう.
管理人の使用レポート
エギング ランディング(取り込み)
は必須エギングタックル タモやギャフ、晩秋のころにはそろそろ準備.
タモ、ギャフが活躍する=大型=逃がしたくないですよね.
仲間がいる場合はお互いに助け合ったほうがいいだろう.
片手でロッド、片手でタモ、一人での取り込みは私もまだまだ苦手です.

■荷物になるが扱いやすい 個人的にはタモでいいのではと思っている タモがないときに限って大物が釣れてしまう.万が一に備えて秋でも準備しておこう.

■携帯性重視
かっこいいのだが・・・使いこなすのも難しい 練習しないと上達しないので自信のあるかたは挑戦してみよう
エギのパワーアップ
正直、このアワビシールの効果があるかは分かりません.
管理人がよくやるのが
・お腹の部分の布が割けてきたエギの補強
・イカのかみ後、キズの補強
新品のエギに張るのではなく、傷んできたエギの補強に使うといいかも.ただエギをドレスアップすると愛着も沸いて集中力が増すのは事実です. 新品のエギに使うこともありますが、修理用に最適 布が破れたなどを修理可能

あわびシールだけだと弱いので補強用として便利 要するに子供のころプラモデル作りで使ったセメダインです.あわびシールの上から塗ることで補強+ケイムラ効果で『釣れるような気になる』優れモノの液体
スナップ
エギに適したスナップが発売されている.
こだわる人は毎回ラインを切って結び直す人もいるようだがすぐにエギを交換できるのでスナップはお勧めする.釣れない場合はできるだけエギをローテーションするほうがいい.
その日のHitカラーというのももちろんあるだろうが、個人的な意見としては変化を与えるほうが大事だと思っている.よくあるパターンがエギをかえたとたんにHitすることがある.Hitカラーというのはなかなか正解を確信できないが、変更直後のHitは高確率で変化によるものだと確信がもてる.
また、カラーやエギのローテーションは人間に対するリフレッシュ効果や集中力の持続も促すので定期的に交換することで結果的に釣果を伸ばすことにもなる. 管理の勝手な思い込みだが、丸型よりくの字型がいいと思っている.操作感を高めたいという理由.

スナップが壊れることはないと思うが、春のデカイカで心配なエギンガーはこちら
エギングアイテム
エギングを快適にするためのいろんな道具 普通のはさみだとなかなかPEラインは切れない PEライン用はさみがあると便利

風の強い日でも使いこなせるようになると無敵
1度使うと手放せなくなるエギングアイテム

移動が多いのでコンパクトにまとめたい  あまり大きすぎるとジャマになるのでエギを10本+道具が収納できるレベルのバックがお勧め

エギケースは必須アイテム 2セットくらいあると便利

急にデープエリアを攻めたくなったときに便利 時間短縮にもなる

日本海の秋イカあたりは必須と言っていいだろう 非常に高額なアイテムだがあるとないとは釣果がまったく違ってくる 実は手前までエギを追いかけてきていることが多く、最後の最後にかけるためには偏向グラスがないと難しい 状況によっては0杯vs20杯などという差がつく場合も
アオリイカを絞める
締めても意味がないという意見もあるが、締めた瞬間、白くなるなるところまでがエギングの一連の流れ.一発で綺麗に締まると嬉しい! イカ絞めスティックの定番品 先が鋭い刃になっているので気を付けよう

スティックタイプはいつの間にかなくなる このハサミタイプがお勧め 絞めやすく、絞めた後そのまま挟んで袋へ すごく便利なアイテムです
車載用ロッドホルダー

   実際にコンパクトカーにロッドホルダーに装着レポート

マイエギングタックルの紹介

管理人のエギングタックルを紹介 これからエギングをはじめるエギンガーの参考に

エギング スタートアップ
とりあえずエギングとやらをやってみよと手元にあったタックル
ロッド:メジャークラフトPEエボリューション(現行 KGシリーズ)
リール:レアニウム
PEでもライントラブルも少なく、丈夫なので初心者への貸し出しも安心現在はビギナーへの貸し出し用となっている

メジャークラフト KGエボリューション KGS-832ST

数年前に買ったロッドがまだ現役  バーサタイルロッドとはまさにこのロッドのことです まだどんな釣りが向いているか分からないアングラーにお勧めの1本


シマノ(SHIMANO) 12 レアニウムCI4+ C3000

こ少しお値段は張りますが、このあたりのクラスを購入しておくとメンテナンスしながら長く使える

エギング ビギナー
1シーズンやってそろそろ専用のものはほしいということで
ロッド:ロッド:オリムピック ヌーヴォカラマレッティー
リール:シマノ セフィアCI4 C3000HGSDH
シマノ的にはド定番の組み合わせではないだろうか
この軽さだと子供や女性でも軽々シャクれる

オリムピック(OLYMPIC) G/L ヌーボカラマクワトロ GC GONCQS-862M-T サクラ

コストパフォーマンスに優れたオリムピック ビギナーでメーカーに迷ったらオリムピック


シマノ(SHIMANO) セフィアCI4+ C3000SDH

将来的にサブでも使えるのでビギナー~中級者まで幅広いエギンガーにお勧め

エギングタックル エントリーモデル
ロッド:エバーグリーン(EVERGREEN)ポセイドン スキッドロウ セカンドス
テージ SSSS-86Mレーザージャーク
リール:11ツインパワーC3000SDH
春エギングまではいかないが、晩秋のエギングに備えて導入
カラマレッティーでは3.5号のエギのフルキャストがどうしても怖かったのだがこのクラスになると思いっきり振りぬける

エバーグリーン(EVERGREEN) ポセイドン スキッドロウ セカンドステージ SSSS-86M

超ロングセラー 超ド定番エギングロッド メイン、サブどちらでも使える


シマノ(SHIMANO) 11 ツインパワー C3000SDH

実はエギングに必要なリールの性能は軽さではなく、高負荷なシャクリに耐える耐久性のあるギアと、細いラインでモンスターアオリイカと対決するための高性能なドラグ性能 このクラスだとメンテナンスを入れながら長く使える

エギングタックル 本気タックル
エギングをはじめて5年 そろそろ本気な1本があっていいかということで
ロッド:エバーグリーン(EVERGREEN)スキッドロウ インペリアル
リール:ステラC3000SDH
エギングタックルの最終系

エバーグリーン(EVERGREEN) ポセイドン スキッドロウ インペリアル NIMS-86L スラックマスター86

あまりに売れすぎて一時は幻のエギングロッドに・・・シーズン前、在庫あり+値引きがあれば即買いすべし


>>インペリアルとセカンドステージの比較レポート
>>スキッドロウ インペリアル インプレ

シマノ(SHIMANO) 16 ヴァンキッシュ C3000SDH

空気巻いてるような巻き心地・・・驚異的な軽さ とんでもないリールがでてきました

>>16バンキッシュ レポート


シマノ(SHIMANO) 14ステラ C3000SDH

いつかは使いたいが、この領域に手をだすと引き返せなさそうなので我慢